手術までの流れ① コンタクトレンズの使用をストップ

イントラレーシックによる治療を考えている方は、まず初診検査の予約を入れます。

予約の申し込みは、インターネットや電話からします。


初診日の数日前になると、コンタクトレンズの使用を止めます。

ハードコンタクトレンズやトーリックレンズの場合は1週間前から、ソフトコンタクトレンズの場合は3日前からです。


そして初診検査で、コンタクトレンズによる角膜への影響を調べます。

この時影響が認められなければ、手術前のコンタクトレンズ不使用時期は1週間前あるいは3日間前からとなります。

しかし影響が残っていると認められれば、不試用期間を数日長く設けます。

ハードコンタクトレンズやトーリックレンズの場合は10日、ソフトコンタクトレンズの場合は5日以上です。

ただし使い捨てソフトレンズの場合は、5日間の不使用で大丈夫です。

関連記事

手術までの流れ④ 手術当日
手術当日のスケジュールですが、検査→説明→手術となります。 検査は、初診時と同じ...
手術の流れ① イントラレーザー照射
手術の具体的な流れについてです。 まず、眼の周囲の消毒,抗生物質と麻酔の点眼を行...
手術の流れ② エキシマレーザー照射
フラップの作成が終わると、エキシマレーザーを照射するベッドに移動します。そしてま...
手術の流れ③ フラップの洗浄
エキシマレーザーの照射が終わると、セントラルアイランド防止装置を止めます。 そし...
術後の見え方について
手術当日の見え方は、術後2時間程は、霞んだような白っぽい見え方になります。 そし...
術後の注意点とは
術後は、薬液の点眼をこまめに行うようにします。 手術当日は、3時間ごとに点眼しま...
遠視メガネの重要性について
術後は遠視になるため、遠視メガネが必要です。 しかし、遠視は日が経てば少なくなる...
ドライアイについて
術後、ドライアイになりやすい人たちがいます。それは、内皮細胞数が3000以下の人...
術後の生活について
術後、眼精疲労などの症状が現れた場合には、必要に応じて薬が処方されます。 例えば...
眼をぶつけた場合について
術後、眼に物をぶつけてしまった場合です。 軽くぶつけた程度では、フラップに異常は...