手術の流れ① イントラレーザー照射

手術の具体的な流れについてです。

まず、眼の周囲の消毒,抗生物質と麻酔の点眼を行います。

そして、ディスポーザブルの術衣に着替えて、クリーンルームの手術室に入り、ベッドに横たわります。

イントラレーザーを照射し、フラップを作ります。

フラップをめくって、エキシマレーザーを照射します。


イントラレーザーでの手術の流れについてです。

アタッチメントが、角膜に吸引固定されます。

アタッチメントに、イントラレーザーの照射口に取り付けられた小型器具が下りてきて、ハマり込みます。

角膜に、器具に付いている平面アクリル板の面が直接触れて、圧迫します。

イントラレーザーを15秒ほど照射し、フラップを作成します。

フラップ作成直後は、角膜が一時的に白濁します。


フラップの作られ方についてです。

アクリル面から一定の深さでしか発揮できないスポットエネルギーを利用します。

角膜組織に含まれる水が、スポットエネルギーによって、一瞬で水蒸気に変化します。実質層に1μmの剥離を生じさせます。

高速でスポットエネルギーを移動させ、微細な剥離を広げます。円形にフラップ面が作られます。

円周に沿って、エネルギーを直角または台形に切り上げます。フラップが完成です。

関連記事

手術までの流れ④ 手術当日
手術当日のスケジュールですが、検査→説明→手術となります。 検査は、初診時と同じ...
手術の流れ① イントラレーザー照射
手術の具体的な流れについてです。 まず、眼の周囲の消毒,抗生物質と麻酔の点眼を行...
手術の流れ② エキシマレーザー照射
フラップの作成が終わると、エキシマレーザーを照射するベッドに移動します。そしてま...
手術の流れ③ フラップの洗浄
エキシマレーザーの照射が終わると、セントラルアイランド防止装置を止めます。 そし...
術後の見え方について
手術当日の見え方は、術後2時間程は、霞んだような白っぽい見え方になります。 そし...
術後の注意点とは
術後は、薬液の点眼をこまめに行うようにします。 手術当日は、3時間ごとに点眼しま...
遠視メガネの重要性について
術後は遠視になるため、遠視メガネが必要です。 しかし、遠視は日が経てば少なくなる...
ドライアイについて
術後、ドライアイになりやすい人たちがいます。それは、内皮細胞数が3000以下の人...
術後の生活について
術後、眼精疲労などの症状が現れた場合には、必要に応じて薬が処方されます。 例えば...
眼をぶつけた場合について
術後、眼に物をぶつけてしまった場合です。 軽くぶつけた程度では、フラップに異常は...