パソコンは視力を低下させるって本当?

パソコンに向かって長時間作業をしていると
仮性近視と呼ばれる状態になることがあります。
これは、本来の近視ではなく、調節麻痺により
一時的に視力が低下してしまう現象です。

目の中には毛様体筋という筋肉があり
これを使って私たちは焦点を合わせています。
しかし長時間作業をしていると、目が疲れて筋肉が凝り固まります。
そのため、遠くを見たときに、視力が低下したように感じられるのです。
これを調節緊張といい、薬で治療をしたり目を休めることで視力は元に戻すことができます。

しかし、毎日のようにこの仮性近視状態が続いてしまうと
本当に近視になってしまうことがあります。
同じ作業をしていても近視になる人とならない人がいますが
この原因はまだ解明されていません。

パソコンで長時間作業をするときには
こまめに休憩時間をとり、目の緊張をほぐすようにしましょう。

関連記事

授乳中でも、レーシック手術はできる?
現在育児中で授乳をしたり、夜に起きなければいけない時もある状態です。こんな時にで...
レーシック手術後でも視力は低下しますか?
パソコンで目を酷使したり、何かと文章を書いたり事務系のことをするのですが、レーシ...
眼鏡で視力が低下するって本当?
眼鏡をかけると視力が低下する。眼鏡をつけたり外したりすると視力が低下する。と、よ...
パソコンは視力を低下させるって本当?
パソコンに向かって長時間作業をしていると仮性近視と呼ばれる状態になることがありま...
デスクワークに最適な眼鏡・コンタクトの度数とは?
デスクワークを中心にした作業が多い人の場合は1.5の視力は必要ありません。書類の...
視力の低下をそのままにしておくと斜視になるって本当?
人の脳は「はっきり写らないもの」や「見えにくいもの」を勝手に削除してしまう機能が...
レーシックは怖い手術なのか
目の手術となると不安を感じる人は多いと思います。それでもレーシックの手術を受ける...
白内障って??
白内障って言葉は聞いたことがありますが、実際のところどんな病気なのか知らないとい...