デスクワークに最適な眼鏡・コンタクトの度数とは?

デスクワークを中心にした作業が多い人の場合は
1.5の視力は必要ありません。
書類の読み書きは手元30cm、パソコンの場合は40~50cmくらい。
人と会話をするときには、大体1mくらいになります。

一般的な印刷物に使われるのは9ポイント(3ミリ)の活字です。
この活字を読むために必要な視力は0.5。
小さな活字を読む場合には0.7が必要です。

0. 7の視力があれば1mはなれた人の顔を
はっきり見ることもできます。

しかし、今まで眼鏡やコンタクトを使って1.2~1.5に矯正していた場合
0. 7では視界がぼやけて見えると感じられるかもしれません。
こうしたことから、デスクワークで必要な視力は
0. 7~1.0程度ということになります。
このくらいに視力を調節することができれば、目も疲れにくく
スムーズに仕事ができでしょう。

関連記事

授乳中でも、レーシック手術はできる?
現在育児中で授乳をしたり、夜に起きなければいけない時もある状態です。こんな時にで...
レーシック手術後でも視力は低下しますか?
パソコンで目を酷使したり、何かと文章を書いたり事務系のことをするのですが、レーシ...
眼鏡で視力が低下するって本当?
眼鏡をかけると視力が低下する。眼鏡をつけたり外したりすると視力が低下する。と、よ...
パソコンは視力を低下させるって本当?
パソコンに向かって長時間作業をしていると仮性近視と呼ばれる状態になることがありま...
デスクワークに最適な眼鏡・コンタクトの度数とは?
デスクワークを中心にした作業が多い人の場合は1.5の視力は必要ありません。書類の...
視力の低下をそのままにしておくと斜視になるって本当?
人の脳は「はっきり写らないもの」や「見えにくいもの」を勝手に削除してしまう機能が...
レーシックは怖い手術なのか
目の手術となると不安を感じる人は多いと思います。それでもレーシックの手術を受ける...
白内障って??
白内障って言葉は聞いたことがありますが、実際のところどんな病気なのか知らないとい...